メール便・セキュアDM・お福分けDM・ポスティング・クリエイティブのポストウェイ(Postway)

ポストから始まる千客萬來(46)

ポストウェイのメルマガライブラリー

小さな会社でもできるSNSの上手な使い方

2016年4月27日号

pw-space-30

Facebook Japanが4月20日に
「Mobile Moves People」を開催しました。
このイベントの中で、
Facebookの国内月間アクティブユーザー(MAU)は2,500万人、
傘下のInstagramもMAU1,200万人となったと発表しました。

記憶しておくポイントとしては、
その92%がモバイルからアクセスしている、という点です。

そのベースとなる日本のモバイルの通信環境ですが、
2015年7~9月期に国内スマートフォンユーザー数は5,080万人となり、
5,000万人の大台を突破したとしています。

また、利用時間もこの10年で7倍に増加していて、
テレビや新聞、ラジオなどの各種メディアへの接触時間のうち、
スマホのスクリーンの閲覧が、
21%を占める規模となっているとしています。

スマートフォンが「ブランドと消費者」、「ビジネスと消費者」を繋ぐ。
大きな部分を占めるようになってきていることも述べています。

こうした状況の中で、
Facebookでは毎日約80億回の動画が、再生されているようで、
若いユーザーの急増しているInstagramでも、
動画の割合が増えてきたとのこと。
過去6カ月での動画再生伸び率は、40%にも上る模様です。

こうした動画は、これまでのYouTube的な、
自分自身やペットの動画もありますが、
イベントレポートや著名人の情報発信なども増えてきていて、
さまざまな動画の活用方法が、
ユーザーにより、さまざまに試されているようです。

ここで、面白いのはこのイベントでの発表を
広報がストップをかけたという、
FBユーザーのデモグラフィックのプロファイルです。
「具体的な数字は広報に最終的に伏せられた」という発表スライドがあるのですが、
グラフの面積で見ると、16~19歳のユーザーは数パーセントと推測され、
逆に30歳以上が6割近くと思われます。

FacebookはSNSでも、
氏名、年齢、職歴などの記載による、
相互チェックという雰囲気を持つ
「大人のSNS」という状況になっているようです。
まあ、それゆえに広告効果、ブランド訴求効果が高く、
大企業、中小企業の別を問わずに「真面目な」企業であれば、
日本では使いやすい、
コミュニケーション・メディアになっているようです。

THINK LIKE ZUCK マーク・ザッカーバーグの思考法 Kindle版
エカテリーナ・ウォルター (著), 斎藤栄一郎 (翻訳)

FBに限らず、アップル、amazon、トムス、ザッポスといった、
とんがったTOPのベンチャー企業の運営を、
丁寧に取材してまとめた、組織運営の良書です。
エクセレント・カンパニーとかビジョナリー・カンパニーなどが好きな方には、
シリコンバレーのベンチャー版としておススメです。

http://nx57.asp.cuenote.jp/c/aV4KaaaNilyhfVac

◆今日の話題◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
動画の「商品説明」で自社EC、店舗に誘導して早期予約に成功!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今年の3月に経産省がまとめた資料に
企業によるSNS活用の成功事例があります。
実際の取材・調査は日経BP社によるものと思われますが、
大部な調査なので、その中でも小さな会社でもすぐに実施できる事例を紹介します。

社名:有限会社トヤマかばん店
所在地:群馬県前橋市千代田町2-7-18
代表者:外山 昇
売上高:非公開
資本金:300万円
社員:非公開
企業サイト:http://nx57.asp.cuenote.jp/c/aV4KaaaNilyhfVad

ランドセルはイオンなどの流通主体で販売されることが多く、
セイバンなど大手メーカーは少なく、小さなメーカーが多い業界。
いきおい、販売面での訴求が重要な製品といえます。
また、販売時期が短期間という「季節商品」なので、
この面でも販売促進には気を使う必要があります。

いっぽうで、少子高齢化をうけて、
販売母数は低減傾向にあるものの、
購入原資は両親とその親という、
いわゆる「シックス・ポケット」化が顕著なマーケットで、
単価が5万円以上の高級品市場の進捗も大きいといわれています。

小学生が6年間背負うランドセルは少々乱暴に扱っても壊れない、
頑丈さが重要といわれます。
そんな丈夫な商品を求める注文が、
全国から寄せられるかばん店が、
群馬県前橋市にあるトヤマかばん店です。

同店は商店街の衰退と少子化という逆境に対し、
2009年度新入生向けのランドセル商戦からECを開始しました。
このときに同時に、ランドセルの選び方を解説する動画の公開も行っています。

この動画が小学校に上がる子を持つ親に、
ランドセルの構造や強度に関する理解を促し、
ランドセルの売り上げに貢献しています。

家庭用のデジタルビデオカメラで、
店長の外山昇氏がランドセルの重要部位を指差しながら解説しているもので、
ビデオ編集ソフトで「錠前」「内装」などジャンル別に映像を分割し、
簡単な解説テロップを追加した動画です。
牛革の厚さなど重要な部位を他社商品と実際に比較、測定して、
丈夫さをアピールする解説は身近で説得力があるものです。

ユーチューブに動画をアップして、
自社のECサイト内でも動画を再生できるようにしたことで、
地元の口コミ注文だけでなく、
全国から注文が入るようになったようです。

その上、動画を視聴後に訪れる来店客は、
実物を確認するとすぐに購入を決めるため、
来店客対応の効率化にも動画は役立っています。

こうした動画効果で、毎年1,000個超用意するランドセルは、
年々予約完売時期が早まっているとのことで、
販売・訴求効率と同時に、生産効率の格段の向上も実現しています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ECによる直販の顧客誘導にFBを活用!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
社名:株式会社柳田織物
所在地:東京都港区六本木1-7-28
代表者:柳田 敏正
売上高:2億5,000万円
資本金:3,000万円
社員:9人
企業サイト:http://nx57.asp.cuenote.jp/c/aV4KaaaNilyhfVae
Facebook:ファン数約4,700人

http://nx57.asp.cuenote.jp/c/aV4KaaaNilyhfVaf

Twitter:フォロワー数約3,700人

http://nx57.asp.cuenote.jp/c/aV4KaaaNilyhfVag

Instagram:フォロワー約270人

http://nx57.asp.cuenote.jp/c/aV4KaaaNilyhfVah

1924年創業の紳士シャツ企画・製造・販売を手がけるのが柳田織物。
ユニクロや大手スーパーなど激安シャツ販売の増加で、
卸事業の先行きが厳しくなることを見込んで、
2002年に自社企画商品を販売する自前のECサイトを開設。
今ではECが売り上げの9割を超える状況となっています。

ECへの集客につながるものはまず試してみるというスタンスから、
「無料で使えるSNSを使わない手はない」(柳田敏正社長)と積極活用。
ブログ記事の素材となる写真・記事の一部、URLを、
各SNSに流用して投稿するのが基本。

着こなし・コーディネート指南の記事が多く、
ブログ記事から即売り上げの増加を目指すのではなく、
数年後も検索でヒットするような役立つ
「ファッション記事」を書いていくのが方針です。

記事には高級服飾のバーニーズニューヨークでの勤務経験もある
柳田社長自らがモデルとなって登場。
ECで非常に大切な「顔の見える」安心感を演出しています。

顧客中心層である「中年男性ビジネスマン」と
Facebook利用者層の合致率が高いために、
自社ECへの重要な流入ルートになっています。

2014年、ビル8階のオフィスにショールームをオープンしたのは、
通販だけでは「素材」や「サイズ」が気になる、
潜在顧客の不安を払拭するためで、
予約すれば倉庫から取り寄せた指定の商品を、実際に試着することも可能です。

このサービスはSNSでも紹介していて、
六本木という場所柄、こだわりのあるビジネスマンが訪れることが多く、
ショールーム来場者の8割が、実際に「購入」に至り、
多くが、その後「リピーター」になっている状況です。

ECサイトへのアクセス状況を分析すると、
SNS経由の割合は全体の1割程度ですが、
その大半が新規訪問者であると考えられ、
新しい「リピーター」を獲得して、
売り上げにつなげるための重要な流入経路となっています。
EC売り上げは年15%増ペースの成長で、この5年で倍増しています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
趣味的な情報を発信して、「工具メーカー」が47,000人のファンを獲得
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
社名:京都機械工具(KTC)株式会社
所在地:京都府久世郡久御山町佐山新開地128
代表者:宇城 邦英
売上高:71億7,000万円
資本金:10億3,208万円
社員:214人(契約社員及びアルバイトは含まない)
企業サイト:http://nx57.asp.cuenote.jp/c/aV4KaaaNilyhfVai
Facebook:ファン数約4万7,000人

http://nx57.asp.cuenote.jp/c/aV4KaaaNilyhfVaj

高品質な工具を製造しており、コアなファンが多いKTC。
Facebookページ運営は、ファンの裾野を広げるのが目的です。
現実に、工具需要も多様化しており、
法人でも「現場の個人」が、自動車整備などの工具を選定することが増えており、
卸や取扱店を通じたアプローチだけでなく、
現場ユーザーに直接接触可能な、
ブランディングソリューションとして活用しています。

月の投稿本数は20本前後ですが、
1投稿で1,000「いいね!」を超える人気投稿は、
工具に関する「KTCトリビアクイズ」、
若手担当者が工具について調べてイラストでまとめる「なるほど!工具ノート」、
「KTC社員の愛車紹介」となっていて、この3つで多くのリーチ数を稼ぎます。

出展した2015年の東京モーターショーでは、
FacebookにKTCブース訪問者に、
プレゼントを実施するクーポンを投稿したところ、
400人ほどが訪れるという成果もあげています。

今後は、Facebookとオウンドメディアとの連携をさらに深めていく予定。
Facebookのみの投稿に終わらせず、
それを核に展示会、カタログ、店舗も含めた連携策を探る方針です。

趣味性の高い工具を中心に、コアなファンやインフルーエンサーの獲得により、
非常に確度の高い情報コミュニティづくりに成功しています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【PR】ニーズのありそうなターゲットに、素敵な「経験」を提供する!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
当社のセキュアDMは、
マンション・集合住宅のオリジナルデータベースをもとに、
商品・サービス提供者の見込み顧客が居住していると想定される
マンション・集合住宅を選択していきます。

もちろん、多くのクライアントがターゲットとするような、
高齢で富裕層の居住可能性の高いマンションの抽出も可能です。

あなたも、セキュアDMを起点にターゲット顧客を想定して、
製品の持つ「本当のソリューション」を提案してみませんか?

インターネット広告と同レベルの
配付の設計、コンテンツの制作、DM実施、効果測定が可能です。
このPDCAの繰り返しにより、
あなたの会社を本当に豊かにしてくれる、
ロイヤルカスタマーを発掘していくことを、支援していきます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
新しい個人情報意識の時代に対応する「セキュアDM」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
名前などの「個人情報」を取り扱わずに、
バックグラウンドの明確なターゲット層へのアプローチを実現する、
当社独自のサービスである「セキュアDM」は、
これからの時代の新規獲得マーケティングの有力な手段です。

詳しくはコチラ ⇒ http://nx57.asp.cuenote.jp/c/aV4KaaaNilyhfVak

個人情報保護法の活用法については、
当社の営業パーソンがアドバイスもさせていただきます。
お気軽にご相談ください
⇒ mail-magazine@postway.co.jp

pw-space-30

※本メールマガジンの著作権は発行者・執筆者に帰属し、無断転載することを禁止します。
 各種コンテンツに転載する場合は事前に当社までご連絡下さい。
   株式会社ポストウェイ・プライバシーポリシー

 【発行責任者】 株式会社ポストウェイ 雲出 和男
 所在地 〒130-0022
     東京都墨田区江東橋二丁目3番10号 倉持ビルディング第一 6F
 連絡先 Tel:03-5625-1301 Fax:03-5625-1302
     E-mail:mail-magazine@postway.co.jp

メルマガライブラリー

TEL 03-5625-1301(代表)  03-5625-1310(営業直通)

●お気軽にお問い合わせください。 受付時間/9:00~18:00(平日・月~金)

 ニュース一覧

メルマガライブラリー

PAGETOP
Copyright © Postway Co.,Ltd. All Rights Reserved.