メール便・ポスティング・レスポンスクリエイティブのポストウェイ(Postway)

株式会社ロッピングライフ様

ポストウェイメール便・利用実績    株式会社ロッピングライフ様


クライアント:株式会社ロッピングライフ
業    種:通信販売業
提供サービス:テレビ通販/通販サイト「Ropping」等

テレビ通販事業やサイト「Ropping(ロッピング)」を手掛ける、テレビ朝日グループの株式会社ロッピングライフ様。ポストウェイメール便をどのように活用いただいているかお聞きしました。
【通販サイト:http://ropping.tv-asahi.co.jp/top/top/index.html 

pw-space-30

カタログを送付しようと思ったわけ

 当社は提供サービスがテレビ通販主業である事から、新規顧客獲得手段はテレビ媒体です。しかしテレビ通販番組は1番組が6分-14分程度と短く、その時間内でお客様が商品の「認知」から「購入」に至るのは簡単ではなく、興味は持つが購入前で足踏みされる方も多いです。
 また、 当社のお客様は60-70代が中心で今だいぶ変わりましたが、カタログ送付を検討した7年前は、気になった商品を放送後、自らサイトで検索する方は少数でした。よって番組内で興味は持ったが購入まで至らなかったお客様へ、もう一押しする手段として、カタログ送付を検討しました。もちろん2回目以降購入していただく、リテンション施策としの実施でもあります。
 小規模なテストを繰り返し、現在は全会員の購買データなどから、お客様の需要予測を行い、効果的と判断した数十万人のお客様へカタログ送付をしています。またメインのカタログは共通ですが、お客様の属性に合わせて、同梱チラシの内容を変えて送付をしています。
 おかげさまで、カタログ施策を行ったことにより、売上を約10%伸ばす事が出来ました。
また、お客様へ「購入のきっかけ」となる媒体アンケートを実施した際に、「カタログ」とご返答頂いたお客様の割合が高かった事や、番組で伝えきれない「商品詳細情報」の提供が可能な事も、カタログ送付を継続している理由です。

なぜポストウェイメール便を利用されようと思ったのか

 テレビ朝日通販番組の放送エリアは関東ローカル(1都6県)です。必然的に当社のお客様も関東が中心となります。
 また、カタログ配送部数が多いため、配送コストの圧縮は常に課題であり、情報収集をしていました。その際に知った1都3県に自社配送網を持ち、安価な配送が可能という「ポストウェイメール便」は、当社ビジネスと非常に相性がよいと感じ、お話を聞いてみたのがスタートです。

利用してどうだったか

 現在も活用させて頂いている通り、サービス内容には満足しおります。特に送付先のお客様が引っ越し等で配達不能となったカタログを、再度転居情報を持つ郵便で手配して頂けるのはありがたいです。
 さらに上記の配達不能リストをデータで頂けるため、当社顧客リストのクリーニングも実施でき、次回の無駄な発送コストの抑制にもつながっています。
 また、以前お客様からクレームが入った際に現場対応が素早く、非常に助かった事もあり、対応力の良さも感じております。

今後の要望や期待すること

 難しいのは承知の上なのですが、配送エリアを拡大していただけると嬉しいです。
また、御社は配送網というインフラを持ち、多数企業のDMやカタログを届けていらっしゃいます。そのため多くのデータを扱っていますし、配達行為からも多くのデータが生まれていると思います。
 配達を通して多数企業とつながる御社がハブ役として、個人情報の取扱いなどは配慮してただき、データの共有や活用を進めてほしいです。
 どの企業も無駄は減らし、効果を上げたいと思っているはずですので、是非そのような取組みの旗振り役となって頂けるとうれしいですし、その際は力になれる事はご協力させて頂きたいです。